東京都知事選には、宇都宮健児さんが出馬表明をしているにも関わらず、密室で鳥越俊太郎さんに候補者が決まった事で、多くの市民が『決定プロセス』に対して不信感・失望感を覚えました。

何故、鳥越さんに決まったのか全く分からずに鳥越さんの人気は全く上がらず、多くの市民が小池百合子の中身がゼロの改革プロパガンダにはまり込んでいく事になりました。
2016tokyo

鳥越さんに決まったプロセスの問題

宇都宮健児さんがニコニコの番組で『安倍政権を独裁と批判していながら、やっている事は同じで候補者を密室で全てを決めた』と批判しましたが、まさにその通りでした。

政党主導の政治に限界が見えているのに、政党主導の政治をやろうとしていたのでは、いつまで経ってもお金で動く自民党に対抗する事はできないでしょう。

メディアが持ちあげた小池百合子

メディアが連日のように極右・小池百合子を持ちあげた事で、小池百合子が東京都知事選で圧勝しました。民進党・市民連合が推薦した鳥越俊太郎さんは3位に惨敗する結果となりました。

メディアが作り上げた『小池百合子の偶像』で、290万票を取って圧勝できるのだから、日本の世論がいかにプロパガンダに弱いか分かります。そして、1年も経たずして小池都知事の人気は低迷していくのでした。

自民党からすれば、野党が1つにまとまると負けるので、野党の票を常に分断し続ける必要がでており、小池百合子もそれに乗ったのです。

小池の国政復帰も失敗

実際に小池百合子が都知事をこなす能力があるとは思えず、『改革』とは名ばかりで、実際には何もできずに都知事を終えるでしょう。

都民ファーストから音喜多氏などの離脱もあって、本性がばれてきた小池百合子の人気が低迷しています。

小池百合子の本性は、極右政治家

小池百合子の本性は、安倍晋三にも負けない極右政治家です。また、安倍晋三にも負けない中身のない政治家でもあります。

過去には、日本国憲法を廃止せよと言っており、それは野田数を秘書に置いている事からも、現在も思想が全く変わっていない事を示しています。
1006x567x1c539b22ac751ffc5562305

小池百合子の秘書をして都民ファーストの幹部となっていた議員でもない野田数は、大日本帝国憲法の復活請願を行っていました。
DDx8R2zV0AEt_cz


(KAWATA)


市民メディア放送局のリンク
市民メディア放送局の本サイト
市民メディア放送局のフェイスブックページ
市民メディア放送局のツィッター